fc2ブログ

プロフィール

char

Author:char
千葉在住へなちょこフライフィッシャー。当ブログはリンクフリーです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


旅と渓(高野健三)~心象スケッチ~

フライフィッシングを始めた頃
EastHighland(東北)に毎週通っていました
初めての一匹が、遠野だったということもありますが、村田さんの影響と

20240105002_R1.jpg
そして、高野さんのこの本が
僕をEastHighlandへと向かわせていました

その写真と文章をいつも読み返しては、
その風景に想いをはせていたあの頃

遠野から始まった
この旅ですが
先輩フライフィッシャーの方々と同様に

僕は、彼の地の風景の中で、
賢治に出会い
その心象スケッチの世界に
フライフィッシャーとは何者なのか?
その意味を探し続けました

20240105001_R1.jpg
大分後になって分かったことですが、
高野さんもやはり、賢治の心象スケッチを求めて、
EastHighlandに通っていたということを知りました

僕にとって、
フライフィッシングとは
祈りであり、
僕自身の心象を見つめる
そんな行為なんだと思います・・・


以下は、「2014渓流(岩手の渓)~備忘録」より

31_DSC04400.jpg
雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち

32_DSC04511.jpg
決して怒らず
いつも静かに笑っている

33_DSC04509.jpg
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず

34_DSC04405.jpg
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて

35_DSC04503.jpg
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き

36_DSC04474.jpg
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず

15_DSC04545.jpg
そういうものに
わたしはなりたい

~「宮沢賢治 詩集より」~

栃木本流~バックウォーター~

01_20231228010_R.jpg
栃木本流

その流れはとても多様で・・・
テイルウォーターから始まり
マッチザハッチが楽しめるラン
大きなプール
落差のあるフリーストーン
そして、
バックウォーター

その全てのポイントに
トラウトが棲んでいる
我々フライフィッシャーがその流れに魅了される理由はとてもシンプル
その水辺の環境と、レギュレーションが、

02_20231228007_R.jpg
我々が憧れる1匹を育むからだ・・・
もう少し付け加えるとすれば、この区間に関してのゾーニングポリシーに基づいた厳格な運用管理が、その特別な魚達に繋がっているのかもしれない・・・


では、今回の釣行記

僕はその憧れの一匹に出会うため
バックウォータへ初めてチャレンジすることにしたんだ
夏にKさんと、Nさんと相談して、秋から冬になったらこの新規開拓を進めるプランだった
最初のアタックは、増水と濁りで、あえなくギブアップ・・・

次の週末、どうしてもリベンジしたくて、
まだ、増水が続いていたのは分かってたが、
無謀にも、本流に向かった

03_20231228009_R.jpg
水量は相変わらず多いが、濁りは取れていた
朝一、まず、流れで、大物をキャッチ

20231228001_R1.jpg
「いけるかもしいれない・・」
すーっと、肩の力が抜けて、自分がニュートラルになるのを感じる
「この、感覚・・・」

04_20231228002_R.jpg
迷わず、バックウォーターへ向かう
しかし、増水も影響してか、バックウォーターのポイントが絞れない
それでも、スイッチロッドのラインを、湖用ラインにチェンジして、引っ張りを開始
でも、一向に反応も、魚の気配も感じない・・・

暫くすると、ルアーの方に声を掛けてもらい、ポイントを教えて頂けた
但し、掛かっても、キャッチが相当難しいとのこと・・

05_20231228005_R.jpg
そのポイントに移動して、引っ張り倒す
ひたすら引っ張り続けるも、あたりも気配もない・・・
夕方、雲行きも怪しくなり、そろそろタイムアップ
最後に師匠から教えて貰った湖で実績のあるフライに交換

06_20231228001_R.jpg
「これで、数投して、出なかったら、今日は諦めよう・・」
そして、一投目・・
ガツン!!と来て、ラインが一気に、暴力的に持っていかれる!!
「やばい!!」
とっさに、ラインを放す。
きつくドラグを絞ったリールが、悲鳴をあげ続ける!!
「なんだ、こいつ・・・」
巻いては、走られを繰り返し、
長い格闘の末、
ようやく浅場に誘導するが、まだまだ、走る・・
「まじか・・・」
そして、ようやく、キャッチ!!!

07_20231228004_R.jpg
栃木本流、バックウォーターの野生!!!!
「よっしゃあ!!!!」
僕は、高く高く拳を掲げたんだ

08_20231228008_R.jpg
そして、疲れ果てて、その場にしゃがみ込んだ

09_20231228006_R.jpg
息を整えながら、僕は確信していたんだ
僕達にとって、この流れが特別な存在であることを・・・

パタゴニア~ Home-Water-Trout-Uprisal-Hoody~

20231227004_R_20231227164807402.jpg
ボンビーフライフィッシャーの自分には、

20231227001_R_20231227164810157.jpg
パタゴニアのクロージングは分不相応ですが・・・(滝汗)

20231227002_R_20231227164804521.jpg
WILD-1(印西ビッグホップ店)のセール期間中だったし・・・

20231227003_R_20231227164807dff.jpg
清水の舞台から飛び降りる気持ちで(笑)

20231227012_R_20231227165702fba.jpg
前から気になっていた、フーディを購入しちゃいました~♪♪

20231227011_R_20231227165700335.jpg
釣りに行くときのクロージングは、これで決まりっす!!(笑)


 | BLOG TOP |  NEXT»»