プロフィール

char

Author:char
千葉在住へなちょこフライフィッシャー。当ブログはリンクフリーです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


大尻沼釣行(2010年6月19日)

P6190001.jpg
今日は初めての大尻沼です。湯元温泉を超え、更に、菅沼を超えた先にある湖です。
まずは、受付を行う為、環湖荘に向かいます。
P6190006.jpg
環湖荘のロビーに飾ってあった、ヒレピン虹鱒さん(こんなのが釣れれば。。。)
受け付けを済ませ、大尻沼に向かいます。既に他の方は釣りをしており、いつも通り我々が一番遅れて釣りを開始です(^^;

P6190007.jpg
ボートで出船し、ライズがあるポイントへ向かいます。蝦夷春ゼミが泣いていたので、ドデカフライを浮かべますが、反応なし。通常サイズのドライに変えて様子を見ていると、回遊している虹鱒が見えたので進行方向にフライをキャストすると、ゆっくり浮上してフライを咥えました。それからのファイトが凄かったです。連続ジャンプ、走る、潜る。腕が痛くなりましたが、長く楽しいファイトでした。

P6190009.jpg
大尻沼での初めての一匹。50cm程の幅広ヒレピンさんのでした。

P6190011.jpg
ロケーションも最高です。

P6190014.jpg
Nさん、真剣にフライ交換中。

P6190016.jpg
昼食後、奥のそれらしいポイントで、回遊虹鱒をドデカフライでサイトで出しました。これもヒレピンさんでした。

P6190019.jpg
このポイントで出ました。

P6190021.jpg
更に、それらしいポイントに移動。
大物が見えたので、デカフライをキャストすると、出ますが、フックセットしません。さらに、もう一匹見えたので、キャストすると、やはり出ますが、フックセットせず。本日もやらかし系です(^^;。諦めずに、デカフライを浮かべて待っていると、来ました。これも、素晴らしい魚体です。

P6190025.jpg
今日は、デカフライで十分釣りが成立しました。満足。

P6190032.jpg
このポイントで出ました。

P6190033.jpg
ワールドカップサッカー日本対オランダ戦があるので、少し早めに上がりました。

P6190034.jpg
簡単な状況では無かったですが、大尻沼十分楽しめました。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

湯川釣行(2010年6月12日)

P6120006.jpg
今回は赤沼駐車場が一杯だったので、湯滝からエントリーです。

P6120007.jpg
湯滝下で、フライフィッシャーが釣りをしています。児滝まで釣り下りますが、反応はありますが、フックセットしません。虫は沢山出ているので状況は悪くありません。

P6120018.jpg
児滝の下に入ります。数年前同様、心優しいブルックがいるポイントでライズがありました。一時間程粘っていると、モンカゲに大物がライズしました。フライサイズを上げ、しばらくやっていると、満足の行くサイズの心優しいブルックが出てくれました。数年前のチビブルックが大きくなったのかも。

P6120024.jpg
数年前と同じ場所で、記念撮影。君に会いに来ました。ありがとう。

P6120029.jpg
心優しいブルックのポイント(児滝下)。

P6120041.jpg
可憐で、美しい花。

P6120046.jpg
帰りのバスの時間もある為、ペースを考え小田代橋まで移動。間の区間もやりたかったです。小田代橋付近で、尺さんが来ました。その後、姿は見えませんでしたが、大物に切られました。今日も僕は、やらかし系です(笑)。昔、このあたりのポイントで大物をバラシタ時は、休暇を取ってリベンジをしました。でも、今日の自分は既に満たされている様で、大物がそこに居てくれることが、とても嬉しかったです。

P6120053.jpg
湯川のブルックは引きます。ファイトも侮れません。

P6120054.jpg
小田代橋付近。

P6120035.jpg
前を歩いているトレッキングの方も、この紅い花を撮っていました。

P6120057.jpg
あちこちで、紅い花が咲いていました。

P6120060.jpg
背中合わせに向かう途中。

P6120064.jpg
上流部と景色が変わり、開けてきます。

P6120067.jpg
今度は、可憐な黄色い花。名前は馬のあしがたかな?。

P6120068.jpg
背中合わせ。恋人同士が写真を撮っていました。

P6120075.jpg
大曲に行ってきました。このズミに会いたかったです。メイフライもまだ結構出ていました。バスの時間もあり、青木橋へ。

P6120078.jpg
ズミの季節の青木橋。

P6120080.jpg
青木橋のズミ。

P6120088.jpg
木道が新しくなっていました。気分が良いです!。

P6120069.jpg
遠くのズミが綺麗です。

P6120089.jpg
今年も、この木に会えました。

P6120092.jpg
何かを語っている様な印象を受けます。

P6120093.jpg
赤沼へ向けて、ひたすら歩きます。バスの時間がそろそろです。

P6120103.jpg
力強いズミ。

P6120105.jpg
どこから撮っても、絵になります。

P6120106.jpg
男体山とワタスゲ。

P6120108.jpg
フライフィッシャー。

P6120112.jpg
バス時間の5分前に赤沼茶屋に到着。急いで釣果報告を提出して、バスに乗ります。

P6120113.jpg
バスで湯滝まで移動し、龍頭温泉に入り、帰ってきました。龍頭温泉は湯元と同じ泉質(硫黄)でお勧めです。但し、19時までなので、イブニング粘りすぎに気をつける必要があります(笑)。
今回は、思い出に残る湯川釣行になりました。僕にとって、湯川はこれからも「心の川」であり、湯川は僕にとって大切な思い出が詰まった川です。

湯川の思い出(2008)

P6210103.jpg
P6210112.jpg
昨日から、ブルックが頭の中を泳いでます。
週末は湯川かな。

湯川の思い出(2007年6月2日、6月16日)

P6020197.jpg
P6160219.jpg
P6160220.jpg
デジカメの画像を整理しているのですが、湯川の画像がありました。
この年の2回目釣行(6/16)で、児滝の橋をおりて、岸際でライズしている心優しいブルックが、奥さんのフライにもライズしてくれました。
湯川はそろそろズミが咲いているのかな。今年も、日光に行きたいなあ。
湯川は、今でも僕の「心の川」です。この川がなかったら、フライフィッシングを続けていたかも疑問です。

本谷(20100605)

P6050001.jpg
今回は、坊主でした(^^;。
決して、状況は悪くなかったので、自分のせいでしょう。
ドライへの出方はすこしナーバスでしたが、全てバラしてしまいました。。
前の晩に、かなり飲んだのがまずかったかも。
どんな気持ちでも、渓へ足を向ける自分ですが、今回の本谷も渓での大事な思い出になるんだろうなあ。

 | BLOG TOP |  NEXT»»