プロフィール

char

Author:char
千葉在住へなちょこフライフィッシャー。当ブログはリンクフリーです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To the Promised River(約束の川へ)~1章 すべてのはじまり(20年前)~

今にして思えば、20年前、初めての一匹に出会った、その瞬間から、この冒険は始まっていたのだと思います。
フライフィッシングを始めた頃。関東の渓魚に、まったく相手にされなかった僕達。

01_DSC03261.jpg
初めての一匹を求めて、車にキャンプ道具を積み込んで、春の遠野に向かいました。
一日目、気温も上がり、魚は走ります。釣れるかも・・・と思いましたが、やはり駄目でした。
二日目、冷たい雨。僕達は渓の畔のテントから這い出して、駅前の本屋さんへ。

02_DSC04314.jpg
そして、この本を偶然見つけて、テントへ戻りました。

03_P8050106.jpg
雨音を聴きながら、その本を読んでいました。

04_DSC04316.jpg
「神々の宿る渓」。若き日の村田久さんの遠野での物語。
読みながら、僕が今いるこの渓こそが、この物語の舞台であることに気付きました・・・

05_DSC04311.jpg
三日目。雨が止み、暖かな日差しを感じて、テントから出ました。
上流部のそのポイントの底に、僕は岩魚を見つけました。そして、僕が巻いた下手っぴなアダムスパラシュートを投じると、一瞬、その岩魚が上を観たような気がしました。もう一度投じると、ゆっくり、岩魚は水面まで浮上し、僕のアドパラを咥えました。その後、どうやって、キャッチしたかは記憶が一切ありません。

06_DSC04312.jpg
ただ、気づいたら、僕のネットにその岩魚が収まっていました。
足は、震え。そして、その美しさに、ただただ感動している自分が居ました。

07_DSC04308.jpg
テントに戻り、僕達は祝杯を挙げました。そして、その本を更に読み続けました・・

08_DSC04318.jpg
「お気の毒に・・・。でもようこそ」
(故)芦沢さんのその言葉を見つけた僕は、
「フライフィッシング」こそ、僕の人生の旅のスタイル。そう、確信しました。

09_P4100067.jpg
そして、僕達は、峠を越え三陸へ。
太平洋へ注ぐその二つの小さな渓で、心優しい岩魚達と、心行くまで、遊びました。
潮風を感じながら・・
その時、僕達の前には、確かに、無限の時間が広がっていたと思います。

僕は「Char」となり、そして、千葉への帰途につきました。


~「2章 約束の川へ再び(20年後)」へと続く~

にほんブログ村釣りブログフライフィッシングへ
にほんブログ村

コメント

良い話ですね

良い話ですね。
カーティスクリークって、秘密の川という意味でしたっけ?
今年も良い釣りを!

奇跡の偶然ですね!
僕も こんな感動的なことに出会いたい。。。遅がけながらDHを始めましたが、むつかしいですね~_~;

Re: 良い話ですね

Rise&Fallさん、有難うござい鱒!
はい、今回は、僕のカーティスクリークの話です(^^
お互い、今年も良い釣りをしましょう♪

Re: タイトルなし

山紫水明さん、こんばんは!
自分でも、とても印象に残っている体験でした。
山紫水明さんなら、DHでも、すぐ、結果を出されると思い鱒(^^
私もOH、少しでも結果が出る様に、頑張ろうとおもい鱒!♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://charfishing.blog88.fc2.com/tb.php/401-71d76cae

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。