プロフィール

char

Author:char
千葉在住へなちょこフライフィッシャー。当ブログはリンクフリーです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


帰去来の辞~心に庵を結ぶこと~

「飮酒二十首 其五」(陶淵明)
結廬在人境 而無車馬喧
問君何能爾 心遠地自偏
采菊東籬下 悠然見南山
山気日夕佳 飛鳥相与還
此中有真意 欲辨已忘言

20年前に、桃源郷で「フライフィッシング」と出会った時から、僕は、その「違和感」を感じていた様に思います。
そして、20年が経ち、
再び訪れた、桃源郷で、その「違和感」が何であるか、はっきりと解りました。
そして、ようやく最後の段階に進むことを決意しました。

1人のフライフィッシャーとして、心に「庵」を結ぶことにします。

01_DSC02546.jpg
我が庵は、その湖の畔にあります。

14_P4230083.jpg
その湖は、キャッチ&リリースの実践で、
今や、名実共に、国内、否、世界に誇るメジャーレイクの地位を確立しました。

01_DSC01360.jpg
庵の南には、友が護るもう一つの湖。

13_DSC01322.jpg
遠くない将来。
釣り人の度肝を抜く、高速クルージングタイプの虹が、
多く泳ぐフィールドに必ずなると、僕は確信しています。

18_P5230009.jpg
庵の遥か遠く北の大地に、佇む湖。

22_P5230027.jpg
強い想いが、幻(まぼろし)を現実(うつつ)に変えることを証明したフィールド。
我々釣り人を魅了するモンスター(幻の魚)が泳ぐ湖が、そこにあります。

03_P5100018.jpg
庵の西側の谷。その渓流は、ひっそりと流れています。

P6280038.jpg
先人の想いが、このフィールドを生みました。
この流れこそ、奇跡の渓流・・・

P6230002.jpg
庵の北の山を越えると、清らかな風が吹く大地に出ます。

P5250023.jpg
その大地を流れるのが、我々を魅了するその本流。
この大地を愛する人々の想いが、本物の虹を育むことを証明した流れ。
僕が、最も愛する本流・・・

廬(いおり)を結びて人境(じんきょう)にあり
((過去に決別し)庵を人里に構え)

しかも 車馬の喧(かまびす)しき無し
((どうでもいい付き合いの)車や馬の訪れに煩わされることは無い)

君に問う 何ぞ能(よ)く爾(しか)るやと
(よくそんな事が出来るな と人に言われるけれど)

心遠ければ 地 自ずから偏(へん)なり
(心が俗世から遠退けば 住む場所も 自ずと辺鄙(へんぴ)になるまで)

菊を采(と)る東籬(とうり)の下(もと)
(東の垣根の下で菊を手折り)

悠然として南山を見る
(ゆったりした気持ちでいると、ふと、南山(廬山)の姿が目に入った)

山気(さんき) 日夕(にっせき)に佳(よ)く
(遠くかすむ山のたたずまいは夕暮れにいっそう美しく)

飛鳥(ひちょう) 相 与(とも)に還る
(飛ぶ鳥はつれ立って 、ねぐらに帰ってゆく)

此の中に真意あり
(この中にこそ、真というものの姿がある)

弁ぜんと欲して 已(すで)に言を忘る
(説明しようと思うが、もはやその言葉を忘れてしまった)


~「帰去来の辞~エピローグ(帰去来の辞)」へ続く~

にほんブログ村釣りブログフライフィッシングへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://charfishing.blog88.fc2.com/tb.php/489-6da8f453

 | BLOG TOP |