プロフィール

char

Author:char
千葉在住へなちょこフライフィッシャー。当ブログはリンクフリーです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰去来の辞~エピローグ(帰去来の辞)

    帰去来兮(陶淵明)
田園将蕪胡不帰 
既自以心為形役 奚惆悵而独悲
悟已往之不諫   知来者之可追
実迷途其未遠   覚今是而昨非
舟遙遙以軽颺   風飄飄而吹衣
問征夫以前路   恨晨光之熹微

いよいよ、今シーズン、僕はその庵に向かいます。
「フライフィッシング」最後の段階が、僕を待っています。
とても静かで、でも、とても待ちきれないこの感情・・・
かの古人(いにしえびと)の言葉が、現在(いま)の僕の想いそのものです・・・

12_P3210094.jpg
We'll enjoy the last stage of "TSURIBAKA" life !

帰去来兮(かえりなん いざ)
(さあ、故郷へ帰ろう)
     
田園 将(まさ)に蕪(あ)れんとす胡(な)んぞ 帰る
(田園は荒れ果てようとしているのにどうして帰らないのか)

既に自ら心を以て 形(かたち)の役(えき)と為す
(自分から精神を肉体のしもべにしてしまったのだ)

奚(なん)ぞ惆悵(チュウチョウ)として 独り悲しまん
(どうしてそれをひとり嘆き悲しんでいてよいだろうか)

往(いおう)の 諌(いさ)められざるを悟り
(過去は訂正できないと悟り)

来者の 追うべきを知る
(未来を追い求めるべきだと知った)

実に 塗(みち)に迷うこと 其れいまだ遠からず
(まことに道に迷ったが、それほど遠くへは行っていない)

今は是(ぜ)にして 昨(さく)の非なるを覚る
(今が正しく、昨日までが間違っていたことに気づいた)

舟は 揺揺(ようよう)として 以て軽く揚がり
(船ははるばるとした水面をかろやかに船首を上げて進み)

風は 飄飄(ひょうひょう)として 衣を吹く
(風はひらひらと我が衣を吹く)

征夫(せいふ)に問うに 前路を以てし
((気がせいて)旅人に、これから先の道のりを聞いてみる)

晨光(しんこう)の熹微(かび)なるを恨む
((待ちきれず)朝の光がうっすらとおぼろげなのがうらめしい)

~「帰去来の辞~おわりに~」へ続く~

にほんブログ村釣りブログフライフィッシングへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://charfishing.blog88.fc2.com/tb.php/490-eca14d6b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。